• お問い合せ
  • 会社概要
  • 仲介業者様
  • オーナー様
  • ご入居者様
  • お部屋探し
  • HOME
騒音・振動について
共同住宅の種類は大きく分けて、木造住宅・(軽量)鉄骨構造・鉄筋コンクリート構造・鉄骨鉄筋コンクリート構造があります。ある程度の音は「生活音」として許容しなくてはなりませんが、構造によっては音がよく通る場合があります。
騒音や振動に対する苦情ワースト5 気をつけていただきたい生活音
1. 物を落とす音・飛び跳ねる音(床衝撃・振動など)
2. 話し声・振動・泣き声(電話の話し声・子供の走る音・赤ん坊の夜泣きなど)
3. 風呂・台所・トイレ・洗濯等の給排水の音(深夜使用時)
4. テレビ・ラジオの音(深夜・早朝)
1. 足音は静かに
2. 玄関ドアの開け閉め、階段の上り下りは静かに
3. 電話・来訪者との話し声は控えめに
4. テレビやオーディオのボリュームは控えめに
5. 深夜や早朝の洗濯機、掃除機の使用は控える
6. 楽器の演奏(持込を禁止しているものもあります。)
7. 覚ましの音量を控える
8. 長期外出中は目覚まし時計の設定を解除しておく。
騒音問題の解決方法とその注意点
お隣さんや階下の入居者とのコミュニケーション形成は大事な要素のひとつです。
コミュニケーション不足を解消するには、日頃からご挨拶等を交わす事が大切です。
又、騒音発生者に対して、直接苦情を申し立てるのは避けましょう。必ず各営業所やオーナーへご相談ください。
Ranzグループ
株式会社 ミニテック西日本 株式会社ミニテック西日本
【 TEL 】 各営業所の電話番号をご確認の上ご連絡ください
【 MAIL 】 メールフォームへ