災害は、普段から意識が大切です。
外出時の火元の確認など人為的に防げるものもありますが、天災や上階からの水漏れなど、不可抗力による損害もありえないとは言えません。
そんな万一の時のために住宅総合保険についてご説明させて頂きます。
事故がおこった場合は、至急、各営業所か代理店、または保険会社の事故センターまでご連絡ください。
※住宅総合保険への加入については、賃貸借契約の必須条件となります。

住宅総合保険とは

住居専用住宅及びその収容家財を対象として、火災、落雷、風災・雪災・ひょう災、車の飛び込み、盗難なによる損害を補償する火災保険の事をいいます。

賠償責任保険と費用保険について

保険金は、ご自身の財産(建物・収容家財)が被った様々な損害に対して支払われます。
また(日常生活や住宅居住中の)第三者に対しての損害を与えてしまった場合も、賠償責任保険により支払われます。
さらに、保険金支払い事故における様々な付帯費用についても費用保険として支払われる場合があります。各自の特約事項をご確認ください。