日頃は格別のご厚情を賜りありがとうございました。
心地よい住まいのプランナーとして地域に貢献し
「信頼」される企業、「安心」を与える企業を目指す
私どもRanzGroupの経営理念です。
おかげさまで、株式会社ミニテック西日本は第28期、株式会社コンクウェストは第21期を迎えることができました。
これもひとえに平素よりお世話になっております皆様方のおかげだと心より感謝申し上げます。

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大から1年以上が経過しております。
ワクチンの開発や接種など希望の光も見えてきておりますが、いまだ収束には至っておりません。
コロナ禍を契機に人々の生活様式や働き方も大きく変化し、デジタル化や産業構造の改革が更に求められると共に、消費者ニーズの多様化が加速しております。

不動産業界においても、日常業務でのコロナ対策への更なる徹底、IT重説・電子契約など賃貸スキームの見直し、AIやIOTとの共存、賃貸管理業法の施行、コロナ禍による商品供給・価格高騰への影響など今までに経験のない変化を見据えた対応が必要になると思います。

創業以来、賃貸マンションの管理に特化し、質的向上を図ってまいりました。
グループの総合力による管理戸数の増加を強みに、賃貸不動産店舗の運営、収益不動産の仲介、不動産の所有・売買、建物用途変更の提案など不動産総合事業へと幅を広げ、着実にノウハウを蓄積してまいりました。

また、災害時のコールセンターの受付業務、現地対応など不動産管理会社の社会的役割は重要度を増しており更なる努力を重ね企業の存在価値を高めてまいります。

今後も不動産業務や社会的役割の間口を広げるため、相続対策・不動産の活用など顧問先との提携による提案、クラウドによるシステムの構築に取り組み顧客満足の向上、働き方の模索など更なる効率化及び新商品の開発などに取り組んでまいります。

最後になりましたが、グループ各社及びスタッフの専門性と結束力を高め、丁寧な対応をもってお客様の不動産経営をサポートしてまいります。
どうぞ今後も変わらぬご厚情を賜ります様お願い申し上げます。